HOME
滋賀県社会福祉士会は福祉に関する相談と援助の国家資格「社会福祉士」の専門職団体です。
  • ブロック活動
  • 第三者評価事業
  • 社会福祉専門団体との連携
  • 社会福祉士養成支援事業
  • 相談・支援事業
  • 普及・啓発事業
  • 研修事業

滋賀県社会福祉士会では、様々な分野で他の専門職との連携を強化しながら、より多くの会員が各事業に対し積極的に参加し、力量を高め、社会福祉士会として地域住民や援助を必要とする人の専門的な代弁者としての活動と制度改革への取り組みを進めていきます。

NEW 滋賀県健康福祉サービス第三者評価調査者養成研修の実施について

滋賀県からみだしの研修について案内がありましたので会員の皆様にお知らせいたします。

関心のある方は、締切日が1月16日と迫っておりますので、受講資格等を確認していただき事務局(担当:村田・木下)までお知らせ下さい。

養成研修の実施について:youseikennsyuuzissi.pdfをダウンロード

養成研修開催要項:H28kaisaiyoukou.pdfをダウンロード

養成研修プログラム:H28puroguramu.pdfをダウンロード

NEW 謹賀新年

新年あけましておめでとうございます

昨年中はいろいろとお世話になり心よりお礼申し上げます

今年は、干支的には猿と犬との間(犬猿の仲)を取り持つ"酉"の年ですのでキーワードは"調整"とも言われていますが、経済・財政再生計画の改革工程表に基づく社会保障制度改革が進む中、これまでになく社会福祉士の専門性(調整、連携)が問われる年になりそうです。

昨今の社会経済情勢の変化とともに、私たち社会福祉士のフィールドでは、県民の「声なきニーズ」の把握が厳しくなってきているように思います。

日々現場では、育児・介護・障害・医療・雇用等に関する複合的な悩みを相談できる力量が求められていますが、そこでの「声なきニーズ」の把握が厳しくなれば、サービスがあっても必要な方に届けることができません。

改めて、社会福祉士会の魅力は?と問われれば、職場・職域の枠を超えた会員間での様々な交流の場があり、そこで夢をつむぎ、専門性を磨いてくれるところと伝えたいです。

各地域・職場でご活躍の会員の皆さま、本年も社会福祉士会の活動へのご参加・ご協力をよろしくお願いします

2017年 元旦

公益社団法人滋賀県社会福祉士会 会長 澤 和清

基礎研修10月~1月の会場について

基礎研修の会場については下記のとおりです。

 

  • ●基礎研修Ⅱ
  • 10月1日(土)長寿社会福祉センター 第1教室
  • 11月5日(土)守山商工会議所 101号室
  • 12月3日(土)コミュニティセンターやす 会議室1
  • 1月21日(土)長寿社会福祉センター 第1教室
  • ●基礎研修Ⅲ
  • 10月1日(土)コミュニティセンターやす 会議室3
  • 11月5日(土)守山商工会議所 301号室
  • 12月3日(土)平和堂守山店4階楽修院 E教室
  • 1月21日(土)コミュニティセンターやす 研修室1

福祉・介護従事者なんでも相談事業について

福祉・介護の職場で働く方を対象に、職場のストレスや心身の不安、対人関係の悩みや支援技術のノウハウなどについて、本会や県介護福祉士会が相談に応じる事業を実施しています。

内容は、仕事のやり方(職場の人間関係・クレーム対応・人材の育て方・やりがいを妨げる職場の課題・専門性の確保と他職種協働・連携など)について電話相談、メール相談、個別面談等を行うものです。

また、希望された事業所には直接出向き講座や相談を受ける「出前講座・出前相談」も積極的にお受けいたします。

 

専用電話(080-3828-2918)による相談

原則 月~金曜日(祭日除く)の10時~17時まで。

メールによる相談(shiga2944@sirius.ocn.ne.jp)

メール送信日から翌5日以内に(土日・祝日除く)回答します。

Page Top